<h1>睡眠不足の解消にベストな体温や室温・湿度</h1>

睡眠不足の解消にベストな体温や室温・湿度

睡眠不足の解消にベストな体温や室温・湿度睡眠不足を解消するために当サイトではサプリメントをおすすめしています。ハーブ系の成分がおだやかに効き、熟睡をサポートしてくれます。安眠剤の類とは違い、副作用や効きすぎるなどの心配もありません

 

良い睡眠をとるためには、その他にも方法があります。実は、寝るときの環境が睡眠に大きく左右することがあると言われています。そのため、環境を整えることでも、睡眠不足の解消になります。

 

見直してほしいのが、寝室の室温や湿度です。温度調節はしていますか。寒い日は暖かく、暑い日はクーラーを使って調節することはあると思います。寝苦しい暑い夜はクーラーで冷やすと寝付きがよくなりますが、温度は「適温」であることが重要です。

 

暖かくする場合でもどちらでも、適度な室温を維持することが大切です。熟睡に良いのは、室温は大体26度くらいです。暑いからといって設定を23度にしたり、寒いからと30度に設定するなど、極端な温度設定は間違いです。逆に眠りに影響してしまうので、気を付けましょう。

 

湿度は60%くらいが理想的です。とくに冬場は乾燥しますが、夏場もクーラーをつけていると室内が乾燥してしまうので、できたら加湿器を使用して湿度を適度に維持するようにしましょう。加湿器がないときには、部屋に塗れたタオルを干したり、水が入ったコップを置いておくだけでも湿度を高められます。

 

また、寝るときの体温調節も大切です。とくに冷え性の人は体の冷えで、寝付きが悪いと感じることも多いのではないでしょうか。

 

だからといって、靴下や厚着はおすすめしません。どちらも体を締め付けるため、血行不良を起こして体のめぐりを悪くしてしまいます。汗も放出されにくくなるので、締め付けないパジャマを着るようにしてください。

▲TOP