<h1>睡眠不足が招く症状とは</h1>

睡眠不足が招く症状とは

睡眠不足が招く症状とは睡眠時間を確保しても、睡眠不足にならないとは限りません。たとえば、寝付きが悪い、寝てもすぐ目がさめる、目覚めが悪いなどは、睡眠不足の状態と言えます。

 

たった1日、理由があって寝不足になる程度なら問題ありませんが、睡眠不足が慢性的に続いてしまうと、さまざまな症状を引き起こしてしまいます。

 

主に頭痛やめまい、免疫力の低下などの症状が出ると言いますが、それ以外にもトラブルが待ち受けています。

 

まず、睡眠不足になると、翌日の日中に集中力が低下してしまう可能性が高いです。夜遅くまでに勉強したり、仕事をしていても、次の日の能率は悪くなってしまうのです。集中力が欠損することで、作業の能率は低下し、頭の回転も鈍くなってしまいます。

 

人は寝ている間に脳神経細胞が修復され、体も健康に回復する仕組みになっています。脳を休めるためにも睡眠が必要になります。そのため、睡眠不足の状態になると、必然的に脳の働きは悪くなり、翌日には集中力が落ち込んでしまいます。

 

さらに記憶力の低下といった問題が起こり、脳卒中のリスクを高めるなど、脳のトラブルを招いてしまいます。

 

また、睡眠不足の女性は朝起きて肌の調子が悪いなどを感じることがあるかと思いますが、それは血行が悪くなることが原因です。睡眠不足から血行が悪くなると、代謝も衰えるので肌のターンオーバーが乱れて、肌荒れなどの症状を起こします。

 

さらに、睡眠不足で肌の細胞の修復や、成長ホルモンが減ること、自律神経やホルモンバランスが崩れて、肌の調子を悪くしてしまいます。

▲TOP