<h1>冷え性からくる睡眠不足</h1>

冷え性からくる睡眠不足

冷え性からくる睡眠不足男性に比べて女性は、体は冷えやすい傾向にあります。また、年齢を重ねてから、冷え性になることも珍しくありません。

 

いずれにしても、冷え性の人は、冬場に寝付きが悪いと感じたことはないでしょうか。冬はとくに寒いので冷え性でなくても入眠が難しくなりますが、冷え性の人は冬に限らず体の冷えから寝付きが悪いと感じる方が多いです。

 

睡眠時間を十分に確保したとしても、体の冷えから寝付きが悪く、なかなか寝れない、あるいは早く目が覚めてしまうなど、熟睡できていないと睡眠不足の状態になってしまいます。

 

体の冷え自体が、健康とは程遠い状態と言えます。血行不良になり、免疫力が低下し風邪をひきやすいなど体調不良を起こします。睡眠不足も同じような症状を招くため、負の相乗効果が起きてしまうのです。

 

体が冷えている人に比べて、体が温かい人は寝付きが良い傾向にあります。体がポカポカに温まっていると血行が良くなり、リラックスして入眠もスムーズになり熟睡にも良いとされています。

 

体を温める方法はいくつかありますが、間違った方法をとると逆効果になるので注意してください。冷え性の人がよくやりがちな間違いが、「靴下、厚着」です。

 

まず、足が冷えやすい人が多いため、靴下を履いたまま寝るという人は少なくありません。しかし、靴下は足元を締め付け、蒸れさせるなど、血行を悪くして逆に眠りを阻害してしまいます。厚着も、よくありません。同じように血行不良を招き、汗をかいてしまうことで熟睡を妨げます。

 

体に良い温め方とは、入浴や足湯です。寝る前にお風呂に入ることで、体を芯から温めることができます。足湯だけでも違います。足元から温まると、血行がめぐり全身をポカポカにして、寝付きをよくすることができます。体の冷えがあり、睡眠不足の方は冷え性の改善をおすすめします。

▲TOP