<h1>睡眠不足を解消するには昼寝・仮眠はNG</h1>

睡眠不足を解消するには昼寝・仮眠はNG

睡眠不足を解消するには昼寝・仮眠はNG睡眠不足になると、体にさまざまな不調を起こしてしまいます。体調不良を招き、頭痛やめまい、免疫力の低下、腹痛や下痢などの諸症状が起きて日中の生活にも影響します。

 

体の疲れはとれず、頭もぼんやりとしてしまうので、集中力が低下して仕事や家事の能率にも支障が出てしまいます。さらに、糖尿病やガンなどの病気との関係性も指摘されるようになっています。

 

多くの方が睡眠不足を感じてると、昼間に眠気がします。休日や、自由がきくときは昼寝や仮眠をとり、体を休めることはないでしょうか。眠気がきたときにはそのまま寝た方が良いという場合もありますが、基本的にはあまり仮眠はおすすめできません。

 

完全に睡眠不足を解消していくためには、体のリズムを整える必要があります。

 

もし夜寝れなくて昼に寝てしまうと、1日のリズムが乱れてしまいます。それがクセになると、生活リズムは不規則になってしまいます。軽い仮眠なら問題ありませんが、なるべく夜に熟睡するようにしましょう。

 

人が意思ではコントロールできない自律神経が、さまざまな機能を司っていて、体の活動や健康を維持する働きを行っています。もし自律神経のバランスが崩れてしまうと、睡眠障害をはじめ、うつ病などの体の不調やトラブルを引き起こしてしまいます。

 

つまり、体のリズムが崩れると自律神経にも影響してしまうので、1日のリズムは整えるべきです。朝はきちんと起きて、夜にしっかり眠るという基本の生活リズムが体の健康には重要になります。

 

昼寝をしてしまうと夜に寝れなくなることもありますから、なるべく活動して昼は仮眠をとらずに、夜に熟睡するようにしましょう。

▲TOP