<h1>睡眠不足の解消に効くツボ</h1>

睡眠不足の解消に効くツボ

睡眠不足の解消に効くツボツボ押しの効果を信じますか?どこか気休め程度と思われやすいのですが、治療法としても確立されています。

 

冷え性の改善や集中力アップ、肩こりなど、症状それぞれに効くツボというのが全身にあります。その中には、睡眠不足に効くものもあります。間接的ではありますが、睡眠不足の解消のサポートや、睡眠不足からくる集中力の低下などの症状に効き目があるので、ツボ押しをしてみてください。

 

まず、睡眠不足と自律神経は関係しています。自律神経が乱れると、日中に盛んになる神経が夜に活発になってしまうなどのトラブルが起こります。

 

昼は交感神経、夜は副交感神経が優位になることで、体のリズムは整います。もし真逆の状態になると、夜眠れなくなり睡眠不足を起こしてしまいます。

 

つまり、自律神経に働くツボが、睡眠不足に有効です。主なツボは「勇泉(ゆうせん)」と「風池(ふうち)」のふたつです。

 

勇泉は、万能なツボでさまざまな効能があると言われています。血行循環を良くする効能や疲労回復、そして自律神経を整える働きがあるので、睡眠不足解消になります。勇泉は足の裏の中心より少し前方のくぼんでいる部分にありますので、そこを3秒押して3秒離すのを繰り返すと効果的です。

 

風池は、自律神経を整える働きがあります。そのため、勇泉と同じように睡眠不足に効き目が期待できます。また、脳の活性化や頭痛、目の疲れなどにも効くので、睡眠不足で疲れているときにもおすすめです。風池は後頭部の首の付け根にあるので、そこを親指や中指で軽く押すようにしましょう。

 

睡眠不足で頭をスッキリさせたいときには「百会(ひゃくえ)」というツボが効果的です。ここも万能なツボで、頭のつむじあたりにあります。そこを1分ほど指圧するとスッキリします。二日酔いにも効果的です。

▲TOP