<h1>睡眠不足になるとどうなる?</h1>

睡眠不足になるとどうなる?

睡眠不足になるとどうなる?寝付きが悪い、寝ても寝たりないなど、睡眠不足になると日常生活に影響してしまいます。

 

言うまでもなく、体の疲れがとれず、体が重くなることがありますし、日中に眠気が起こるなどの問題もあります。それ以外にも、あらゆる諸症状が出てきます。

 

たとえば、「頭痛」や「めまい」がよくある症状です。風邪や体調不良に似ていますが、睡眠不足によっても起こります。

 

なぜかというと、睡眠不足により脳細胞を含む全身の細胞は修復されず、傷ついたままになります。その結果、脳神経が疲れるため、頭痛の症状が出ます。さらに、脳神経の影響により脳卒中のリスクが上昇してしまいます。

 

血行も悪くなってしまうので、低血圧になりめまいの症状が起こるメカニズムになっています。頭痛やめまいは軽い症状ではありますが、それが深刻な状態の引き金になることもあります。

 

たとえば、外出中や運転中にめまいの症状が起こると、事故に合うなど危険性があります。すなわち、症状自体が軽くても、その状態を軽く考えてはなりません。

 

ここまでは、軽度ですが、睡眠不足になると、ガンなど病気のリスクを高め、さらに免疫力の低下を招いてしまいます。人は寝ている間に体を休めていますが、ホルモンの分泌は盛んになり、傷ついた細胞などを修復し、体の状態を回復させています。

 

大人になっても必要な成長ホルモンも寝ている間に分泌が盛んになるので、睡眠不足になると体の不調を起こし、免疫力も低下します。すると、アレルギーや病原菌への対抗力が低下するため、風邪や病気のリスクを高めます。また、血行や代謝が悪化すると腸内環境が悪くなると、便秘になりやすくなります。

 

免疫細胞は腸内に多いため、さらに免疫力の低下を誘発してしまいます。

▲TOP