<h1>寝るときの服装で睡眠不足を防ぐ</h1>

寝るときの服装で睡眠不足を防ぐ

寝るときの服装で睡眠不足を防ぐ唐突ですが、皆さんはどのような服装で寝ていますか。睡眠不足の原因は、もしかすると服装にあるかもしれません。

 

ジャージやスウェットをパジャマ代わりに着ている方が多いと思います。冬場は長袖・長ズボン、夏は半パンにTシャツなどで寝ているのではないでしょうか。

 

楽な服装ではありますが、睡眠時の服装としては適していません。そもそも、ジャージやスウェットは寝るときのために作られている服ではありません。どちらも保湿性の高い作りになっていますが、それが睡眠には裏目に出てしまいます。

 

寝ている間は体が休んでいるはずですが、実は1リットルほどの汗をかくと言われています。睡眠中に体温があがり、誰でも汗をかいています。その汗が、ジャージやスウェットではこもってしまうため、睡眠の障害になってしまいます。

 

しかも、ジャージなどは締め付けもきついため、血行が悪くなることからも、睡眠に影響してしまいます。このような理由から、ジャージやスウェットは睡眠不足の原因になる服装です。

 

寝るときは、それ用のパジャマやネグリジェを着用することをおすすめします。どちらも睡眠時のために作られていますので、体温のこもりや汗の吸収を防ぎ、快適な環境を作ることができます。体が快適な服で包まれていると、リラックスして問題なく眠りに入れるでしょう。

 

また、休日で1日外に出ない場合でも、1日同じ格好はおすすめしません。オン・オフを切り替えることも、脳や自律神経にとって重要になるので、朝起きたら着替えて、夜はお風呂に入ったあとパジャマに着替えて眠るようにしましょう。

▲TOP