<h1>睡眠不足からくる腹痛・下痢の症状</h1>

睡眠不足からくる腹痛・下痢の症状

睡眠不足からくる腹痛・下痢の症状腹痛や下痢の症状があり、睡眠不足の人はそれが原因かもしれません。意外な症状ですが、睡眠不足になると、腹痛や下痢の症状が出てきます。

 

よく、緊張したりストレスで胃腸の調子を崩すと言いますが、その通り胃腸は精神的な問題の影響を受けやすいとされています。胃腸はとてもデリケートでストレスに弱いとされています。

 

端的にいうと、過度のストレスを感じると、胃腸を刺激しキリキリとした痛みが出て、腹痛や下痢を引き起こしてしまいます。

 

過度のストレスは自律神経のバランスが崩れてしまいます。自律神経はあらゆる体の機能を司っていて、少しバランスが崩れるだけでも体に異常をきたしてしまいます。

 

睡眠不足になると、過度のストレスを受けたときと同様に、自律神経のバランスが崩れ働きに支障が出てしまいます。この結果、腹痛が起きてお腹を壊し、下痢の症状が出ることがあります。

 

反対に十分に睡眠がとれて熟睡できていると、体の健康に欠かせないホルモンは十分に分泌され、自律神経も正常に働き体の調子を維持することができます。もともとストレスに弱くお腹を壊しやすい人も、睡眠をとるようにすることで自律神経を整え、さらに免疫力を高めて胃腸の調子を良くすることができるでしょう。

 

また、睡眠不足で血行が悪くなることも一要因です。血行が悪くなると代謝が低下するため内臓の働きが悪くなります。それが腹痛や下痢の症状を引き起こす原因にもなります。このように、睡眠不足は多方面から腹痛や下痢の症状を引き起こしてしまうので、睡眠はとても大切です。

▲TOP