<h1>産後の睡眠不足について</h1>

産後の睡眠不足について

産後の睡眠不足について今現在、睡眠不足の人は多く社会的にも問題になっています。睡眠不足になるきっかけや原因はいくつかありますが、昔から睡眠不足になりやすい時期というのが女性にあります。

 

それは、「産後」です。女性は妊娠・出産を経て、産後になると睡眠不足を訴える方が多いです。というのも、赤ちゃんの育児があるからです。

 

赤ちゃんはまだ細胞が新しいため、細胞分裂が活発に行われています。そのため、昼夜問わず、お腹がすいてエネルギーを必要としています。数時間置きに赤ちゃんにミルクをあげないといけませんし、ミルクを欲しがって赤ちゃんは夜泣きもします

 

また、赤ちゃんは言葉を離せない分、泣くことで状況を伝えます。それが空腹だからなのか、身近にいても分かりにくいことがあり、親としては心配になりますよね。赤ちゃんができることで生活は大きく変化し、ほとんどの女性が睡眠不足になってしまいます。

 

ただ、産後の睡眠不足は永遠に続くものではありません。卒乳すると自然とおさまり始めます。大体10ヶ月前後で、睡眠もとれるようになるでしょう。

 

しかしながら、その間の睡眠状態については考えものです。一時的とはいえ睡眠不足は体に影響をもたらします。うつ病など精神的な疲労、肉体的にも疲れてしまいます。産後の睡眠不足対策のためにはまず、ご夫婦、ご家族で話し合うことをおすすめします。

 

助けを借りて、2〜3時間でも良いので熟睡するようにしましょう。短時間でも熟睡できると体はリフレッシュします。ぐっすると眠れるように体を温めたり、アロマテラピーなどを活用してみてください。

▲TOP