<h1>喘息と睡眠不足の関係</h1>

喘息と睡眠不足の関係

喘息と睡眠不足の関係喘息持ちの方は、ツライ症状により寝付きが悪い、熟睡できないなど、睡眠不足になりやすい傾向にあります。

 

しかも、睡眠不足がさらに喘息の症状を悪化させるとされています。このように、喘息と睡眠不足には関連性がありました。

 

睡眠不足が慢性的になると、さらに喘息の発作が起こりやすくなると言われています。喘息の症状に悩んでいる方は、なおさら睡眠不足にならないように気を付けるべきです。

 

それえはなぜ、睡眠不足になると喘息の発作が起こりやすくなるのかというと、「免疫力」が関係しています。端的に言うと、睡眠不足は免疫力を低下させてしまいます。人は寝ている間に、活動や健康に必要なホルモンの分泌が盛んになります。

 

つまり、睡眠不足になるとホルモンの分泌が減ってしまいます。その関係で、腸内環境が悪くなります。腸内環境には免疫細胞が集中しているため、ホルモン分泌の低下が間接的に免疫力を低下させてしまいます。

 

免疫力が低下すると、外部のウイルスや細菌などに弱くなるので、喘息の他にアレルギー症状なども悪化してしまいます。もともとある持病に限らず、他の病気を発症しやすくなるだけでなく、体も不調を起こしやすくなってしまいます。

 

喘息の症状や発作を抑えるためにも、熟睡することが大切です。しかし、喘息の症状が出ると、寝苦しく熟睡どころではないと思います。さらにそれがストレスになり、症状は悪化することがあります。

 

まずは呼吸器科や担当医に相談し、適切な治療を受けながら熟睡できる環境を作りましょう。睡眠不足が解消されるだけでも免疫力をつけることができるので、睡眠を大切にしましょう。

▲TOP